電話代行サービスの選び方

電話代行を活用するメリット

電話代行を活用することにより、重要な商談電話の取りこぼしがなくなります。ベンチャー企業などの小規模事業の場合には、社員全員が営業活動に出向くなど、社内に人員がいなくなるときがあるものです。社内に電話対応ができる人間がいないことで、重要なクライアントからの電話を受け損なってしまうのは辛いものでしょう。電話代行を活用すれば、社員が電話に出れないときであっても、商談を取りこぼすようなことはなくなります。電話に対応できる時間帯は、平日は勿論のこと、休日や夜間など、業務都合に応じた活用が可能となっています。利用に際しては月額制などの少ないコストで運用できる料金体系も提供されています。少ない運営予算の企業であっても、スムーズな電話対応を実現できるのです。

電話代行を利用する際の選び方

自社に電話代行サービスを導入するにあたっては、事前に目的を明確にしておくことが大切です。不在時の電話対応を依頼するといっても、自社の風土に適さない場合には、会社の信頼を失うことに繋がる場合もあるからです。電話代行の会社によっては、契約前に試用期間を設けているケースがあります。一定期間にわたって試した後に、自社に適した対応を行ってくれるかを判断できるのです。 代行会社によっては、秘書業務を経験したオペレータが在籍していることもあります。顧客からの電話に対して事務的な対応を行うだけではなく、ビジネス上の関係を意識した電話対応ができる場合もあります。商談と関係がない営業電話の場合には、代行会社側に断ってもらうことも可能です。自社に電話対応要員を雇うよりも遥かに安いコストで受電業務を進められるのです。