中小企業の電話代行を利用するメリットとデメリット

電話代行を利用するメリットはたくさんある!

中小企業の場合、顧客からの電話を対応するために、人材を雇用するほどの余裕がないこともありますよね。求人を出すための広告費はもちろん、電話対応にあたる人の人件費もかなりの負担になってしまいます。電話代行なら、自社雇用するよりも低コストで電話対応の業務を任せることができます。コストの削減だけではなく、業務の効率化を図ることもできるでしょう。 例えば業務中に顧客から電話がかかってきた時、業務を中断して対応にあたらなければなりません。電話代行サービスを利用していれば、電話応対に煩わされることはありません。電話に気を配る必要はなくなり、業務に集中できるようになるのは大きなメリットでしょう。人員や資金に余裕がない中小企業にとって、電話代行サービスはメリットの多いサービスです。

デメリットには注意が必要!

電話代行にはいくつかデメリットがありますが、その1つが使ってみなければサービスの質が分からないということでしょう。顧客からの電話は、応対の仕方次第で信用を失ってしまうことがあります。電話代行サービスは、全ての業者が一定の品質を保っているわけではありません。それぞれ社員教育の仕方が違いますし、マニュアルも変わってきます。

そのため、質の高いサービスを提供してくれる業者を見極めなければなりません。業者選びに失敗すると、電話応対の質が低下して顧客からの信用を失う可能性があるので注意しましょう。料金体系が業者によって変わるのもデメリットの1つかもしれません。中小企業にとって、電話代行サービスにかけるコストは軽くはありません。料金とサービスの質のバランスを考えて、コスパの良い業者に依頼することが重要です。

電話代行サービスは、研修を受けたオペレーターが受付業務や案内業務、クレーム処理など様々な作業を担当してくれるため、自社内の業務量や人件費の削減などに繋がることがあります。